トリマー・訓練士のお仕事

ノミ・ダニがいてもトリミングサロンは利用できるの?

2020年8月20日

飼い主さん
犬にノミ・ダニがいるかもしれないんだけどトリミングできる?

ごく稀ですが、こんな恐ろしい問い合わせがくることがあります。

考えてみたら今の時代は犬や猫などのペットを飼っていなければ、ノミ・ダニの恐怖に遭遇することもないですからね!

管理人
昔は人間でもノミがついている人がいたらしいですよ!

ビックリですよね!

そこで今回は初心者の飼い主さんへ向けて、ノミ・ダニに対するトリミングサロンの考え方をご紹介したいと思います。

ノミ・ダニがいる場合はトリミングサロンの利用は断られます

犬や猫にノミ・ダニがいる場合はトリミングサロンの利用は断られます!

施術中に見つけた場合は、作業途中でもお返しすることになりますね。

正確にいえばノミ・ダニ予防をしていない時点で断られます

管理人
お店としてもご利用を断るということは、できればしたくない行為です。

売り上げも減りますから、経営的にも痛いです。

ただ、他のお客様やスタッフの安全にはかえられませんからね。

ただし、ごく稀ですがノミ・ダニがいる犬や猫でも、受け入れてくれるお店もあります。

受け入れてくれるお店の特徴

  • お客様が少なすぎて誰でもいいから来てほしい
    (経営状態が極度に悪い)
  • 衛生に対する意識が低い
  • 断ることによりお店の売り上げが減るのが嫌
    (犬やスタッフの安全より売り上げをとるお店)

まぁ、このようなお店はあまりおすすめできませんので、まともなお店では断られると考えて問題はありません。

なぜノミ・ダニでトリミングサロンの利用を断られるの?

飼い主さん
なぜノミ・ダニがいるとトリミングサロンを利用できないの?

お断りする理由は大きく分けて4つあります!

ポイント

  • 他のお客様やお店のスタッフを守る為
  • ノミ・ダニの駆除は医療行為だから
  • お店に対するイメージが悪くなるから
  • 時代の変化

それでは1つづつ説明していきましょうっ!

他のお客様&お店のスタッフを守る為

ノミ・ダニは寄生虫ですので、当然他の犬や猫にもうつります。

成虫が飛び移らなくても、目に見えにくい卵が手や道具につき、そこから寄生する場合もあります。

そんな危険なノミ・ダニをサロンに入れてしまうと、他のお客様の安全が保障できません

管理人
トリミングサロンは信用が第一ですからね!

我が子がノミ・ダニをうつされて帰ってきたら、2度とそのお店は利用しませんよね?

また、成虫のノミは人間を刺しますので、お店のスタッフが刺される危険性もあります。

スタッフにとっても有害な物をお店にいれることはできませんよね!

ノミ・ダニの駆除は医療行為だから

人間でも同じですが、寄生虫を駆除するのは美容ではなくて、医療行為になります。

ですので、ノミ・ダニがいる場合は、まずペットクリニックでしっかりと治療するのが先ですね!

管理人
人間も犬も、医療より美容を優先することはないですよね!
順序が違いますよねっ!!

たまにノミ・ダニの駆除を目的としてトリミングサロンを利用する方がいますが、トリミングでノミ・ダニを駆除することはできません。

ですので、ノミ・ダニの駆除が目的の場合は、トリミングサロンを利用しても意味がありませんよ!

詳しくはこちら!
犬のノミの取り方!ノミ取りシャンプーでは駆除できません!

続きを見る

お店に対するイメージが悪くなるから

職種によってはいるだけでお店のイメージが悪くなる『天敵』とも呼べる虫がいます。

それがペットサロンではノミ・ダニです。

飲食店の場合はゴキブリですかね。

管理人
ここで飼い主さんに質問です!

飼い主さんへの質問

「ゴキブリがいる噂のある飲食店に行きたいですか?」

「ゴキブリを持ち込もうとしている人を拒否せずに受け入れる飲食店に行きたいですか?」

管理人
管理人はそんな店には絶対に行きたくありません!

ノミ・ダニもゴキブリも人間から見ると同じ害虫ですからね。

ノミ・ダニのいるペットサロンに行きたい人などいません。

管理人
ゴキブリは寄生したり刺したりしないので、実質的な被害はないんですけどね!

見た目で損してますよね!

また、そんな害虫を断らずに受け入れてしまうお店は、衛星管理に対する意識が極端に低いですよね。
スタッフにまともな教育をしているとは思えません。

飼い主さんとしても「衛生管理の意識が低いお店に預けて、病気やノミを移されたらいやだな!」となりますので、結果としてお客様が来なくなってしまいます。

管理人
この様な噂はお客様の口コミであっと言う間に広がりますので、お店にとっては大打撃です。

実際に「ノミのいる犬がいたと聞いた!」という理由だけで、予約日変更の電話が来たこともあります。

どこで聞いたのかわかりませんが、犬コミュニティの情報網は恐ろしいです。

時代の変化

飼い主さん
でも昔は受け入れてもらえたよ~!

先輩方に聞くと確かに昔はノミ・ダニがいてもトリミングサロンで受け入れてもらえたみたいですね。

犬も外飼いが多かったので、ノミ・ダニがついているのが普通だったそうです。

その時代は犬・猫は汚い生き物という認識だったそうですよ!

ですので、人間の施設にペットが入ることはできませんし、ペットコーナーなども、デパートの屋上や、ホームセンターの駐車場隅のプレハブ小屋など、人間から隔離されたスペースになっていました。

ペットショップやトリミングサロンが、今のようにホームセンターやショッピングモールに出店することは考えられない時代だったそうです!

要するに犬・猫にノミ・ダニがついていても、人間と隔離されたスペースで扱われていたので、あまり気にされない時代だったということですね。

管理人
たしかに管理人の小さい時は、犬と人間の生活スペースは完全に分けられていましたね!

ただ時代が変化して、犬と人間の生活スペースに違いがなくなってきました。

一緒に入れるお店も増えましたし、昔は絶対に無理だった、飲食店や食品を扱うお店にも犬が入れるようになりました。

それに伴って飼い主さんに求められる衛生マナーは格段に上がっています。

ですので、犬や猫のノミ・ダニ予防が当たり前の時代になっていますね。

ノミ・ダニがいる場合のトリミングはどうしたらいいの?

方法としては2つありますっ!!

  • 受け入れてくれる店を探す
  • ノミ・ダニを駆除後にトリミングする

ただし、ノミ・ダニを受け入れてくれるトリミングサロンというのは、前述したとおりおすすめはできません。

ですので、まずはペットクリニックでノミ・ダニの駆除をしてしまいましょう!

なんども言うようですが、まずは美容より医療を優先してくださいね!

 

間違ってもサロンのスタッフさんに「ノミ・ダニくらいでなんでやってくれないの?」と言わない方がいいですよ~!

周りからは、かなりヤバい飼い主さんだと思われますからね。

管理人
確実にお店のブラックリストに入りますので、本当にやめた方がいいですよ!

近所の犬コミュニティにも話は広まりますので、飼い主さんだけではなく犬も可哀想ですから・・・。

犬にとって良い時代なのかは不明ですが、あくまで人間社会ですからね!

飼主さんが責任を持ってマナーを守るようにしたいですね!

はなげんきの犬小屋 - にほんブログ村

-トリマー・訓練士のお仕事

Copyright はなげんきの犬小屋 , All Rights Reserved.