犬との生活

ダイソー製品のドッグランは犬が逃走しやすいので注意【実例あり】

2021年6月14日

ダイソー製品のドッグランは犬が逃走しやすいので注意【実例あり】

気軽に外出できないご時世!

最近では自宅の庭にドッグランを作る方が多いようです。

 

中にはネットの情報を元に100均ショップである、ダイソーのワイヤーネットを使ってドッグランを自作したというお客様もいたのですが・・・。

ダイソー製品で作ったドッグランから犬が逃走してしまったとの報告を受けました。

 

実際のところ、ダイソーのワイヤーネットはとても犬が逃走しやすい作りになっています。

とてもじゃないけどドッグランの囲いにはおすすめできません。

 

ということで、注意喚起も含めて『ダイソー製品を利用したドッグランはなぜ犬が逃走しやすいのか!』を解説していきます。

管理人
犬を逃がした飼い主さんは本当にショックを受けていたので注意です!

ダイソー・ドッグランが逃走しやすい理由

ダイソー製品を使ったドッグランから犬が逃走しやすい理由は次の2つ。

ダイソー・ドッグランの問題点

  • ダイソー製のドッグランは犬が登りやすい作り
  • ダイソー製のドッグランは犬が飛び越え可能な高さ
管理人
詳しく説明します!

ダイソー・ドッグランは登りやすい作り

ダイソー製品を利用したドッグランの一番の問題は犬が登りやすい作りであること。

 

知らない方も多いのですが、犬って前足と後ろ足を使って簡単に柵をよじ登ることができます。

この動画のワンちゃんに限らずトイプードルやチワワなどの小型犬も柵を簡単に登ります。

 

これを防ぐために犬用のサークルでは横の網目を極力少なくするのが基本。

一般的な犬用のサークル|横の網目は少ないのが基本

一般的な犬用のサークル|横の網目は少ないのが基本

 

たいしてダイソー製ドッグランの材料に使われているワイヤーネットは横の網目も沢山あります。

ダイソー・ドッグランの材料|ワイヤーネット

ダイソー・ドッグランの材料|ワイヤーネット

これだと犬は足を掛け放題、簡単に登れます。

一瞬で登って逃走できますね。

管理人
人間でいうハシゴと同じですからね。

ダイソー・ドッグランは簡単に飛び越えられる

ダイソー製品を利用したドッグランの次の問題は犬が簡単に飛び越えられる高さだということ。

 

基本的に犬は自分の体高の2倍程度であれば、子犬でも助走なしで乗り越えられます。

で、ドッグランのように、軽い助走が取れる環境であれば3倍の高さも乗り越え可能です。

 

そしてダイソーで売っているワイヤーネットの高さは高くても60cm ほど。

他の100均のワイヤーネットも大体似たような高さです。

小型犬の2倍程度の高さしかありません。

 

加えてダイソーのワイヤーネットは足のかけやすい網目状。

ジャンプとよじ登りを併用すれば、ほとんどの犬は逃走可能です。

ダイソー・ドッグランをどうしても使う方に注意して欲しいこと

たぶんこれらを説明しても『うちの子は大人しいから大丈夫!』と、ダイソー製品でドッグランを作ろうとする飼い主さんはいると思います。

ただ実際に逃げた子も、運動能力が高い子ではありませんでした。

そして活発なイメージでもなかったです。

 

ですので、どうしてもダイソー製品でドッグランを作りたい方は以下に注意して欲しいです。

ダイソー・ドッグランでは犬から絶対に目を離さない

ダイソー製品を利用したドッグランでは、犬にとって囲いは無いも同然。

あくまで一時的な足止めにしかなりません。

 

絶対に目を話すのはやめましょう。

ダイソー・ドッグランでは必ずリード、首輪はつける

ダイソー製品を利用したドッグランは、犬にとっては余裕で飛び越えられる高さです。

目を離さなかったとしても、ジャンプして柵を飛び越えて、そのまま走って逃げられたら人間は追いつけません。

 

絶対に首輪やリードは着けておきましょう。

ダイソー・ドッグランは『部屋んぽ』ならあり

ここまでダイソー製品を使ったドッグランに否定的なことを書きました。

ただ、室内で使う分にはありだと思います。

理由は『逃走されても室内ならすぐに捕まえられるし、特に問題は無いから。』

 

実際に私も屋内でなら、ダイソーのフリーマルチパネルやワイヤーネットを使って部屋んぽスペースを自作しています。

我が家の室内ドッグラン|部屋んぽ会場

我が家の室内ドッグラン|部屋んぽ会場

関連記事
>>ダイソーのフリーマルチパネル|犬のサークル・ケージを手作り

ダイソーのフリーマルチパネル|犬のサークル・ケージを手作り【100均】

続きを見る

 

屋内で使うには十分に使えると思いますが、屋外では本当に危ないのでおすすめできません。

管理人
屋内でも家の出入り口を全開にしているご家庭はお勧めできません。

あくまで、戸締りをしたうえで補助的に使用してください。

ダイソー・ドッグランではなく専用に作られた物を使おう

自宅にドッグランを作りたい場合は、ダイソー製品ではなく専用に設計された物を使いましょう。

管理人
室内用に設計された物はダメですよ!

ちゃんと屋外用に設計された物を選びましょう。

 

安く作りたい気持ちはわかりますが・・・。

犬を逃がした時の後悔はお金でどうこうなる物ではありません。

管理人
自分の責任で犬を逃がしてしまった飼い主さんは、見つかるまで本当に辛い日々を過ごされています。

 

専門に作られた製品でも100%逃走しないとは保証できません。

ただし、ダイソー製品と比べれば、安全性は格段に上です。

管理人
そもそもダイソーの製品はドッグランを想定して作られていません。

犬が逃げたら100%飼い主さんの自己責任です。

 

お金を掛けなくてよい場所に無理にかける必要はありません。

ただし、犬の安全や飼い主さんの安心にかかわる部分はケチるべきではないというのが私の考えです。

 

次の様に高さ90㎝、最長20メートルでドア付きのドッグランセットも売っています。

安全性をとるなら断然こちらがおすすめです。

ダイソー・ドッグランの記事を書く方達へのお願い

ブログを運営している方へのお願いです。

 

ダイソー製品など100圴の商品を使ったドッグランの作り方を書いている方達が、この記事を見てくれるかはわかりません。

ただ、もし見て頂けた場合はお願いがあります。

記事内に犬が逃げる可能性が高いことも記載して頂けないでしょうか。

 

情報の出所を確認せずに真似してしまう飼い主さんにも問題はあります。

普通に考えれば犬が逃げる可能性が高いのもわかるでしょう。

 

ただし、無条件であなたの記事を信じてしまう方もいます。

そして犬が逃げてしまった飼い主さんは本当に悲しんでいます。

 

そうならない為にも

ダイソー製品をつかったドッグランは便利だよ!でも犬が逃げる可能性も高いから注意してね!

と書いて頂けると、飼主さんの意識も変わるはずです。

 

情報発信は色々と難しいですよね。

ただ、犬や飼い主さんにとって少しでも良い情報が発信できるように、お互いに気をつけていければと思います。

ダイソー製品のドッグラン|犬が逃走しやすいので注意 ~まとめ~

今回はダイソー製品を利用したドッグラン作りがおすすめできない理由について解説しました。

もしこの記事の内容に納得して頂けたのであれば、注意喚起として他の飼い主さんにも拡散して頂けると嬉しいです。

少しでも犬に関する悲しい出来事が起きないように、ご協力お願い致します。

-犬との生活
-