犬との生活

犬の爪切りに最適な頻度や間隔は?

2020年7月9日

飼い主さん
犬の爪切りは、どのくらいの頻度ですればいいですか?

初めて犬を飼われた飼い主さんに、必ず聞かれる質問ですっ!

最初はわからないですよね~!爪を切る間隔なんて。

人間の爪を切る時は、頻度なんて気にしてないですもんねっ!「伸びてきたら切る!」ただそれだけっ!
犬も同じなんですけどね!

ただ、お客様に「伸びたら切るで大丈夫ですよ!」と伝えたところで、何も解決しません!
下手したら、喧嘩を売っていると思われますっ!

そこでトリマーの管理人が、簡単な目安や注意点を紹介させていただきますっ!

結論:爪切りの頻度の目安は月に1~2回!

結論からいうと、子犬は月に2回、成犬で月に1回を目安としています。

ただ、これは一般的な目安で、その子によって多少変わってきます!
週に1回切っている子もいますからね。

あまり切る部分がなくても、間隔をあけずに切ることをお勧めしています。

高頻度で犬の爪切りが必要な理由

犬の爪きりを間隔をあけずに行った方がよい理由は、次のような点ですね。
よく言われる理由ですが、とても大事なことです。

  • 神経、血管が伸びる
  • 怪我につながる
  • 骨格に影響がでる

ご存じの方も多いとは思いますが、改めて解説したいと思います。

神経、血管が伸びる

犬の爪の中には、神経と血管が通っているんですよ!

そして、この神経と血管は厄介なことに、爪と同じように伸びます。
切らずにほうっておくと、爪の中でどんどん伸びて、長くなります。

血管を切れば血がでますので、犬の爪切りは、血が出るギリギリのラインで止めます。

結果どうなるかというと、短くしたくても神経と血管が伸びてしまっていると、短くできないということになるのです。

一度伸びてしまった物は、自然に縮まることはないので、一生そのままになってしまうのです。

そうならない為にも、こまめに切って、「神経と血管に伸びる隙を与えない」ことが大事です!

管理人
爪を短くしたくてもできずに、後悔されている飼い主さんも沢山います!

怪我につながる

爪が長いと、怪我をする可能性も高くなります!

関連する怪我で多いのは、次の様なものですね!

  • 伸びた爪で皮膚を傷つける
  • 転倒などの怪我

爪は伸びてくると先が尖ってきますが、野生では武器として使われるものなので、とても危険です。

その伸びた爪で痒い所をかけば、皮膚が傷つきますし、顔をこすれば目も危ないですよね。

伸びすぎて、自分の肉球に刺さるなどは論外ですが、多少の伸びでも、爪の先がとがる子はいます。
そんな子はとても危ないので、こまめな爪きりが必要です。

また、犬は肉球で体重を支えていますが、爪が床につく状態になると、肉球が地面にしっかりとつきません。

結果として、しっかりと体を支えられなくなり、とても滑りやすくなります。
そして、このような状態では、絨毯などにも爪が引っ掛かりやすくもなるので、転倒する確率が高まります。

骨格に影響がでる

先ほども書いた通り、犬は四肢の肉球で体重を支えています。
そして、爪が伸び過ぎると、肉球を地面につけてしっかり立てないので、姿勢にも歪みがでてきます。

通常であれば犬の足先は、指と指の間隔があまりなく、丸みを帯びています。
ただ、爪が伸びた状態で長く過ごしている子は、踏ん張って立ち続けている為、指と指の間が大きく開いてしまって、丸みがありません。

また、踏ん張って立ち続けると、前足の肘が外に開きやすくなりますので、爪切りをあまりしない子は、肘が開いていることが多いです。

骨格も、一度歪むとなかなか元にはもどりません。
後悔しない為にも、爪の伸びすぎには注意が必要です。

具体的な爪切りの頻度と目安

判断基準ですが、正直に言うと、この記事を読まれている方が判断することは、少し難しいです。

爪切りに慣れていれば、経験や勘で判断できますが、それができればこの記事を読んでいないと思うので。

犬によって伸び方に差がありますし、歩き方(体重のかけ方)によっても、伸び方が違ったりします。
同じ足でも、指毎に伸び方が違うんですよ!

ですので、何度かプロにお願いして、その子に適した目安を判断してもらう事を、お勧めします。

管理人
管理人も判断できるようになるまで、時間がかかりました!
慣れてなくて間違った判断をするより、最初はプロに相談した方が確実です!

ただ、おおよその目安や、間違った判断基準など、お伝えできることはあるので、紹介しますね!

間違った判断基準 爪が床についたら手遅れ

「爪が床について、カチカチと音がしたら切る目安」と言う方がいますが、それは間違っています

爪が床についた時はもう手遅れです!爪が床につく前には、切って下さい!

小さい時からこまめに爪を切っていれば、少しくらい伸びたからといって、床につくことはありません。

少し爪が伸びただけで、そのような状態になるのは「神経と血管が伸びていて、爪を短くできない子」です。

また、神経と血管が伸びていない子でも、爪が床につくまで伸ばすことを繰り返せば、いずれは神経と血管が伸びてしまいます。

このような理由から、お勧めできる判断基準ではありません。

子犬の爪切りの頻度

成長期で爪の神経もよく伸びるので、最低でも月に2回は切ることをお勧めします!
この時期にこまめに切っていた方が、神経は伸びにくいと言われています。

何度も同じことを言っていますが、重要なのでもう一度!

小さい時からこまめに爪を切っておけば、爪が床につくなんてことはまず起こりません!

爪切りに行き過ぎて「切るところが無いっ!」と言われても、それはそれでいいじゃないですかっ!?
爪切りなんて1回500円位です。毎週行ったとしても、月に2000円程度です。

後悔することを考えたら、大したことがない金額だと思いますよ!

成犬・老犬の爪切りの頻度

良くお散歩をする子なら月に1回、あまり散歩に行かなければ、月に2回が目安です。

ただし、体重の重い子や、中型犬、大型犬は切り過ぎると、逆によくありません。
自分の体重で爪が削れやすいので、歩いているうちに、出血してしまう場合があるからです。

足や関節の悪い子は、体重のかけ方や歩き方にムラがあるので、伸び方が特殊だったりします。
1本だけ爪が長いという場合もあり、注意が必要です!

正直にいうと、この時期の子はタイプが様々で、実際に見てみないと判断ができません!
トリマーさんに何度か作業をしてもらい、最適な頻度を教えてもらいましょう!

老犬の場合は、爪切りが体への負担や、ストレスとなる場合があります。
状況によっては、切らないということもあるので、獣医さんにも相談してくださいね!

おまけ:実は儲けがでない爪切り

高頻度での爪切りを勧めると、管理人はトリマーなので、「この人は儲けようとして、勧めているんだっ!」と勘違いされる場合があります。

はっきりと言いましょう!

爪切りは儲かりません!むしろ赤字です!

うちのお店は爪切りが500円(税抜き)なのですが、その為に必要な作業と時間がこちら。

作業内容と時間の目安

  1. 電話での予約の受付(3分~5分)
  2. 来店時の接客&受付(3分位)
  3. 爪切り作業(5分位)
  4. お会計&お返しの接客(5分位)

必要な時間が約15分で、売り上げが500円です!利益ではなく、売上が500円です!

時間単価にすると、1時間で2000円の売り上げしかでません。
社会人の方なら、このヤバさは、ご理解頂けると思います!

この売り上げでは、時給が500円位の人が作業をしないと、利益がでませんよ。
しかし、わが県の最低賃金を大幅に切りますので、その金額では人は雇えませんね。

結果、赤字です!(ドヤッ!)

では、なぜ爪切りをやっているかというと、月1回のトリミングでは足りない子の為です。

うちのお店のシャンプーやカットのコースには、爪切りも含まれているのですが、月に何回もシャンプーをするのは金銭的に厳しいけど、爪切りだけは間隔を短くした方がよいという子がいるからです。

こんな感じなので、決して儲けたいから言っている訳ではありません。なんせ赤字ですからっ!

犬が可哀想だから言っているのですが、伝わらない。そんな、悲しいことが、たまに起こります!

犬の爪切りに最適な頻度~まとめ~

犬の爪切りの頻度と目安について、ご理解頂けたでしょうかっ!?

不明点は解決しましたか?
少しでも参考になれば、嬉しいですっ!

慣れないうちは色々と不安だと思いますので、何かわからないことがあればコメントをくださいっ!
全力で対応致しますっ!

そして、大事なことですので最後にもう一度!

犬の爪は伸びたらすぐ切るっ!

ワンちゃんの為にも、これだけは覚えて帰って頂けると嬉しいです!

はなげんきの犬小屋 - にほんブログ村

-犬との生活

Copyright はなげんきの犬小屋 , All Rights Reserved.