トリマー・訓練士のお仕事

犬に人間用のシャンプーは使えるの?代用は可能?

2020年7月3日

飼い主さん
犬に人間用のシャンプーを使っても大丈夫??
飼い主さん
犬用シャンプーがなくなった時は、人間用シャンプーで代用しても大丈夫??

お客様にこんな質問をされることありませんか?

最近はお客様もネットで色々な情報を仕入れているので、かなり突っ込んで聞いてきますからね。

管理人は『犬に人間用のシャンプーは使える&代用も可能!ただし、お客様にお勧めするのは絶対に犬用です!』と答えています。

トリマーが『犬に人間用のシャンプーを使える!代用は可能!』と言うと、大概ビックリされますけどね!

もちろん管理人は適当に答えている訳ではありません。

今まで学んできたことや、経験から導き出した答えで『犬に人間用のシャンプーは使える』と言っています。

それでは、

  • なぜ犬に人間用のシャンプーを使える&代用は可能と言うのか
  • なぜお客様には犬用を勧めるのか

を説明しましょう!

なぜ犬に人間用シャンプーを使えるし、代用しても問題はないのか

管理人
犬の皮膚にあっていれば、人間用のシャンプーを犬に使っても問題はない。

犬用のシャンプーよりも、その犬の皮膚にあう場合もある。

ただし、判断できる経験と技術がなければ、犬用のシャンプーを使うのが無難だし、家で使うなら断然犬用!

シャンプーは犬用、人間用に関係なく犬の皮膚にあった物を使うことが大事です。

犬用シャンプーを使ってもその犬の皮膚にあっていなければダメですし、人間用のシャンプーを使っても犬の皮膚にあっていれば何の問題もおこりません。

ですので、私は『犬に人間用のシャンプーを使えるし、代用しても問題ない』と答えています。

先生と呼ばれる人でも人間用のシャンプーどころか、中性洗剤(食器洗い洗剤)などで犬を洗う人はいますからね。
(イジメではなくて理由があってのことですよ!)

うちのトリミングサロンでも犬用シャンプーでは皮膚が荒れてしまい、人間用のシャンプーに変えたら、皮膚の調子が良くなった子もいます。

お客様の希望で、その子は今でも人間用のシャンプーを使っています。

 

上記のことから人間用のシャンプーを使うこと自体は問題ないのです。

ただし、何か問題が起きた時に責任問題になるので、仕事としてお客様に勧めるのは犬用シャンプーになってしまいます

犬には人間用シャンプーを使える&代用も可能!ネットの反対派に反論!

さてこのように『犬に人間用のシャンプーは使える!代用も可能!』というと

インターネットでは犬に人間用のシャンプーを使うことはNGと書いてあった!

と言われることもあります。

このような場合は『犬に人間用のシャンプーを使える!』と主張するからには、根拠のある反論をしなければなりません。

 

一般的に、人間用のシャンプーが犬に使えないと言われる理由は、次のような点ですよね!

ダメと言われる理由

  • 皮膚のPHの違い
  • 皮膚の厚さの違い
  • 対象とする汚れの違い
  • 香りの違い

犬と人間では皮膚の作りも、汚れ方も違うので、犬に人間用のシャンプーは使えないという理由ですね!

ただし、この理由はあまりあてになりません。

むしろ色々と矛盾しているのです。

1つずつ反論していきましょう!

犬と人間の「皮膚のPH」は違うから人間用のシャンプーは使えないに反論!

人間の皮膚は「弱酸性」、犬の皮膚は「中性から弱アルカリ性」!
皮膚のPHが違うから、犬に人間用のシャンプーは使えるわけがない!

犬専用のシャンプーを使うべきだ!

犬に人間用のシャンプーが使えない理由として、よく聞きく理由ですね!

なんとなく納得してしまいそうな理由です。

たしかに皮膚と同じPHのシャンプーで洗った方が、肌に良い気もします!

 

ただし、この理由は美容師さんや、トリマーさんなら、「??」となってしまいますよね!
その理由は次の通りです。

理由

  • 犬用のシャンプーは、全てがアルカリ性ではない。逆も同じ
  • 水道水のPHを考えていない
  • 流行りの炭酸線は弱酸性

それでは、順番に説明していきましょう!

犬用のシャンプーは、全てがアルカリ性ではない。

人間用のシャンプーが全て「弱酸性」な訳ではありませんし、犬用のシャンプーが全て「中性から弱アルカリ性」な訳ではありません。

『犬に人間用のシャンプーが使えない』という方の中には、犬用のシャンプーは全て「中性から弱アルカリ性」という前提で話をしている人がいますが、そんな事実はありません

ですので、犬用のシャンプーだからといって、同じPHの物で洗っているとは言えません。

まぁ、人間用のリンスの類は別かな。

リンス類にはアルカリ性に傾いたPHを、弱酸性に戻す役割があるので、使えば確実に弱酸性に傾くでしょう。

ただし、人間も犬もシャンプーをした時に、一時的にPHが傾いても、自然と正常値に戻ります。

ですので「そんなにPHを気にする必要があるのかな?」という感じですね。

人間用シャンプーのPHは気にするけど、水道水のPHは考えていない

PHを本当に気にするなら、シャンプーよりも「水道水のPH」が大事!

『犬に人間用のシャンプーが使えない』理由がPHの値なら、シャンプー以外でも犬の皮膚に付く物には全て気を付ける必要がありますよね!

そうなると水のPHはとても大事です!

だって犬の皮膚にシャンプー剤が付いている時間より、水がついている時間の方が断然長いから!

シャンプーのPHだけ気にして、水道水のPHを気にしないのは意味がないです。

そこで、水道水のPHを見てみると、基準値(水道水として許される値)は「5.8〜8.6」なので、弱酸性から弱アルカリ性と幅広い定義!

pHの水道水質基準値(5.8〜8.6)は、水道施設の腐食等を防止する観点から、中性付近の値にあることが望ましいとして決められています。
これは、化学的根拠に基づく基準ではなく、過去の実態調査で、自然水のpHがおおむね5〜9であるという結果に基づいています。

なお、東京の水道水のpHは、平成25年度、平均7.6(6.8~8.1)でおおむね中性です。

引用:東京都水道局 トピック第5回 pH(ピーエッチ)とは?

東京都は平均7.6(6.8~8.1)でおおむね中性だけど、弱酸性の時もあるっていうことだよね。
地域によっては、5.8レベルの弱酸性もあるということでしょう。

PHを気にするなら、犬も人間も水道水のPHが皮膚に近い日にしか洗えない

でも、この基準値だと、肌とかけ離れたPHで洗い流すこともあるわけだから、この点からもPHを気にする意味を感じられない。

最近流行りの炭酸線は「弱酸性」!PHを気にするなら使えないね!

最近流行りの炭酸泉!

お湯に炭酸ガスを溶かしたやつです!別名は二酸化炭素泉

トリミングサロンでも、皮膚によいなどの効能をうたってますよね!

高級なペットサロンでは、デフォルトで炭酸泉が使われていたりします!

うちのお店ではオプション扱いですが、ご利用になるお客様は多いです。
そんな炭酸線ですが、PHはなんと4.5~5.5の弱酸性です。

炭酸泉の使用なんて犬の皮膚のPHを気にするなら絶対に使えませんよね!

 

でも、皮膚があれた子は今のところいません。

むしろみんな「毛がふわふわになった」、「皮膚の荒れが治った」と言ってるくらいですね。

PHの違いに害があるならトリミングサロンは、炭酸線を使えない。でも沢山のお店で使われていて人気がある!
この点からも、PHを気にする理由はよくわかりませんね。

私が一番不思議なのがPHを理由に『犬に人間用のシャンプーは使えない!』と言っているのに、炭酸泉は使う人が多いこと。

理論が破綻しているのに気が付いていないのでしょうか・・・。

犬と人間の「皮膚の厚さ」は違う!けど人間用シャンプーの何が問題?

犬の皮膚は人間よりもとても薄いので、人間用のシャンプーでは洗浄力が強すぎて肌を傷める。

だから犬に人間用のシャンプーは使えない!

これも犬に人間用のシャンプーが使えない理由としてよく言われます。

なんか納得してしまいそうな理由ですね!確かに犬の皮膚は薄いからね!

ただ、犬用も人間用もシャンプーの洗浄力はピンキリです!

なぜか、犬用より人間用のシャンプーの方が洗浄力が強い前提なんですよね。

誰が試したんだろう。

 

そして薄いとはいえ、犬の皮膚を傷めるようなシャンプーは人間にもダメージがでるよ・・・。

人間は毎日シャンプーするんだよ?

そんなシャンプーは、人間でも使えません!

『犬に人間用のシャンプーが使えない!』と言っている人は、普段どんな強力なシャンプーを使っているのでしょうか。

 

基本的に肌を傷めるかどうかは、洗浄力より、洗い方が問題になることの方が圧倒的に多い。

正しい洗い方をしていれば、まず肌は痛めないですよね。

犬用と人間用はシャンプーが対象としてる「汚れ」が違う?誰が試したの?

人間は皮脂汚れもあれば、スタイリング剤もつける、犬は埃くらいしか落とす汚れがない!
シャンプーが対象としている、汚れの種類が違う!

だから犬に人間用のシャンプーは使えない!

これも犬に人間用のシャンプーが使えない理由としてたまに聞きます!

たしかに犬は鼻先や、足の裏からしか汗をかかないからねぇ。

長いことシャンプーで洗っていなくても、犬の皮膚がベトベトと、脂っぽくなることはないですよね!(病気の場合を除く!)

人間用シャンプーだと必要以上に皮膚の油とか、落としてしまいそうだもんねっ!

実はこの説を、管理人も一時期は信じてた!

犬用のシャンプーは皮脂の汚れや、スタイリング剤を落とす力はないんだと!

そんな洗浄力はないんだと!

しかし、これは間違いだということがわかったのです!

管理人
人間はすぐベトベトになるよね!頭皮がっ!管理人だけかな?

職業柄、シャンプーのサンプルをよく貰うんですよ!お店で余ることもありますしっ!

そんなサンプルや余った犬用シャンプーは、自分の髪を洗うのに使っています

お客様の犬に、サンプルのシャンプーとか使えませんからね!

 

管理人はワックスやジェルも使いますし、40代なので頭から油も沢山でてきます!

そんな管理人の頭も、犬用シャンプーで汚れが落ちなかったことがありません!
ですので、犬用のシャンプーにも、皮脂汚れやスタイリング剤を落とす力はあります

ちなみに管理人は40代にしては髪がある方なので、禿げてるから汚れが落ちやすい訳ではないと思うんだ・・・。

犬用シャンプーで洗っている管理人(人間)の髪

犬用シャンプーを使っている人間(管理人)の髪です!40代男性にしてはある方だと自負しています!そんなにパサパサでもないですよね!?

皮脂汚れやスタイリング剤を落とす力が犬用のシャンプーにある以上、シャンプーが対象としている汚れが違うから、犬に人間用のシャンプーは使えないとは言えないですよね!

犬用と人間用の「シャンプーの香り」の違い!香りもピンキリです!

人間用のシャンプーは、犬には香りが強すぎる!

だから犬に人間用のシャンプーは使えない!

もう、これも言うまでもありませんが・・・。

人間用のシャンプーも香りもピンキリです!

何回も同じようなことを言っているので、自粛しますね!

犬に人間用のシャンプーは使えるの?代用は可能?【まとめ】

ここまで人間用のシャンプーが問題ないと言っているなら、なぜお客様に犬用を勧めるのか!

その理由はたった1つ!

責任が取れないからですっ!

 

世の中の「○○用」と書いてある商品は、その対象以外に使う時は自己責任になります。

問題が起きた時に、人間用のシャンプーを使っていたと言えば、メーカーにも病院にも、確実に「犬用ではないので、犬用を使って下さい!」と言われて終わってしまいます。

人間用のシャンプーを犬に使ったことが原因ではなく、飼い主さんの洗い方に問題があったとしても、問題の切り分けの時点で弾かれます。

 

そうなるとトリマーには責任が取れないですよね!

いくら「シャンプーに問題はないんだ~!洗い方が悪いんだぁ~!」と叫んでも、誰も信じてくれません!

ですので、仕事として勧めるなら、犬用を勧める以外の道はないのです。

 

ただしトリマーの知識としては、ネットに出回っている情報はあてにならないということも、知っておくべきですよね!

PHを理由に人間用シャンプーが駄目だと言いながら、炭酸線とか勧めていたら、おかしな話になります

あと、シャンプーや、水道水のPHは、実際に計ってみましょう!

使っている犬用シャンプーや水のPHが弱酸性なのに、PHを理由に『犬に人間用のシャンプーは使えません!』などと言っていたら恥ずかしいですよね!

自分の髪を洗ってみるのもいいですね!洗浄力を身を持って体験できますっ!

ネットで調べているだけでは、間違った情報に惑わされる可能性もありますので、実際に色々と体験してみましょう!

立派なトリマーさんになるには、自分で試すことがとても大切ですよ!

はなげんきの犬小屋 - にほんブログ村

-トリマー・訓練士のお仕事

Copyright はなげんきの犬小屋 , All Rights Reserved.