トリマー・訓練士のお仕事

『犬用マスク』には危険がいっぱい!絶対におすすめしません!

2020年9月4日

最近、色々な種類の『犬用マスク』が発売され、売れ続けているようです。

中には犬用のマスクを手作りする方もいるようですね!

犬に携わる仕事をしている管理人ですが、あまり見かけないので都市伝説レベルで考えていたのですが・・・とうとう出会ってしまいました!

マスクをした犬に!

飼い主さんは犬を守る為にマスクをつけているのでしょうが・・・。

守るどころか、危険しかないんですよっ!犬にマスクをすることは!

犬用のマスクが危険な理由!

犬用のマスクが危険な理由がこちら!

注意

  • 体温調整ができなくなる
  • 呼吸が困難になる
  • 誤飲誤食の可能性がある

犬のマスクは体温調整ができなくなる

体温調節

犬は体温調節が苦手な動物です。人間には皮膚に汗腺があるため、汗をかくことで体温調節をすることができますが、犬の皮膚には汗腺がありません。汗をかかない代わりに口を開けて「ハァハァ」と呼吸することによって、体温を調節しています。 肉球部のみに汗腺はありますが、発汗しても余り体温調節には影響しません。自分で体温調節が余りできない犬のためにも、特に暑さ対策には気を配ってあげるようにしましょう。

引用:現代製薬株式会社 愛犬のケアについてより

ほとんどの方は知っていると思いますが、犬は体温調整が苦手な動物なんです。

体温を調整できる唯一の方法ともいえるのが、口を開けて呼吸をすること。

でもマスクをするとその唯一の方法が使えなくなってしまいます。

マスク内の温度はどんどん上がっていきますからね・・・体温を下げるなんて不可能です。

特に夏場はマスクをしていなくても熱中症で倒れる犬が多いです。

そのような状況でマスクなどしていたら、危険度は跳ね上がります!

絶対におすすめできません。

犬のマスクは呼吸が困難になる

人間用のマスクも汗などで濡れると、鼻や口に張り付いて息ができなくなりますよね。

犬も鼻の水分やヨダレがマスクにつけば、マスクが張り付いて呼吸が難しくなります。

口輪タイプの布マスクなど、息苦しくても犬は自分で外すことができません。

本当に危険なので絶対にやめましょう!

犬のマスクは誤食誤飲の可能性がある

小型犬ではまずないでしょうが、中型以上の犬ではマスクの誤飲誤食の可能性が高まります。

布製品は犬にとってはイタズラの対象になることが多いですからね!

散歩中の犬が路上に落ちていたマスクを誤って食べてしまった例もありますので、犬の身近にあってよい物ではないですよね。

犬用のマスクは本当に危険です!

もう一度言いますが、これだけの危険があります!

注意

  • 体温調整ができなくなる
  • 呼吸が困難になる
  • 誤飲誤食の可能性がある

何かあってからでは遅いので、犬にマスクをつけるのは、絶対におすすめできません。

はなげんきの犬小屋 - にほんブログ村

-トリマー・訓練士のお仕事

Copyright はなげんきの犬小屋 , All Rights Reserved.