愛犬へおすすめ

【犬・猫】災害時のキャリー|避難用ケージにもなる防災用多機能リュック

2021年2月28日

災害時の犬や猫の避難には必須となるキャリーバッグとケージ。

 

普段からお出かけに使用しているキャリーバッグがそのまま使えればベストですが、それだと非難生活には小さすぎます。

そして災害時に大きくて重いケージを持って避難する余裕なんてないですよね。

 

今回はそんな悩みを解決する『災害時を想定して設計されたキャリーバッグ』をご紹介します!

このキャリーは普段はキャリーバッグとして使え、災害時には避難用ケージに変身するんです。

【犬・猫】災害時用キャリー|避難用ケージになる防災用リュック

【犬・猫】災害時用キャリー|避難用ケージになる防災用リュック

管理人
私もお客様に教えて頂いたのですが、初めて見たときは衝撃でした!

キャリーバッグが避難用ケージとしても使えるんです。

【犬・猫】災害時のキャリー|避難用ケージになる防災用リュックの見た目

災害時を想定して設計されたキャリーバッグと言っても、見た目は普通の犬・猫用のキャリーバッグです。

犬・猫の災害時用キャリーバッグの見た目

犬・猫の災害時用キャリーバッグの見た目

パッと見はどこにでもあるキャリーバッグですよね。

普段のお出かけに使用しても何も問題ありません。

 

サイズも縦30㎝ × 横41.4cm × 高さ 42cm と、一般的なリュック型のキャリーバッグと変わりません。

犬・猫の災害時用キャリーバッグのサイズ(単位はCM)

犬・猫の災害時用キャリーバッグのサイズ(単位はCM)

 

ただしこれが災害時になると犬・猫の避難用ケージに早変わりします。

その時の見た目とサイズはこちら!

犬・猫の災害時用キャリーバッグ|避難用ケージのサイズ

犬・猫の災害時用キャリー|避難用ケージのサイズ

横幅が約3倍の77㎝まで広がります。

我が家で使用しているケージが約70㎝ですので、家庭用の物と同等の横幅!

災害時の避難ケージと考えると、これだけでもかなり便利な機能です。

管理人
犬や猫も狭い状態で閉じ込められっぱなしではストレスが溜りますからね。

【犬・猫】災害時のキャリー|避難用ケージになる防災用リュックの機能

災害時を想定して設計されたキャリーバッグですので、避難用ケージとしての役割以外にも便利機能があります。

広さだけのキャリーではないんです!

 

公式では色々な機能が紹介されていますが、私が特に良いと感じた機能を抜粋してご紹介します!

【犬・猫】災害時のキャリー|避難用ケージは給水ボトルを装着可能

この災害時用キャリーバッグは給水口がついているので、給水ボトルが装着できます。

犬・猫の災害時用キャリー|避難用ケージは給水ボルトを取り付け可能!

犬・猫の災害時用キャリー|避難用ケージは給水ボルトを取り付け可能!

避難所など犬や猫を外に出せない時も、避難用ケージの中で水をあげられるので安心です。

給水ボトルを装着しおしっこシートを敷けば立派な避難用ケージの完成です。

【犬・猫】災害時のキャリー|避難用ケージは目隠し布付き

災害時用キャリーバッグには目隠し用の布がついています。

犬・猫の災害時用キャリー|避難用ケージは布付き

犬・猫の災害時用キャリー|避難用ケージは布付き

周りを気にして吠えてしまう犬や、暗い場所が好きな犬には嬉しいオプションです。

また屋外で避難用ケージとして使う場合は、防寒や雨除けとしても使えます。

管理人
慣れない避難生活で人間に向って吠えてしまう犬もいます。

そんな時にこの布は本当に助かりますね。

【犬・猫】災害時のキャリー|避難用ケージは4WAY

キャリーバッグは犬との普段のお出かけにも使われるので、色々な持ち方が可能になっています。

犬・猫の災害時用キャリー|避難用ケージは4way

犬・猫の災害時用キャリー|避難用ケージは4way

避難用ケージとして使うことより、普段のお出かけに使うことの方が多いですからね。

この機能は嬉しいです。

 

そして災害時に嬉しいのが固定用のベルト!

リュック系のキャリーバッグはこのような固定ベルトがないと、いざという時に走れません。

ベルトなしで走るとキャリーが揺れまくるので、犬が可愛そうなことになります。

ランドセルを背負って走っている小学生みたいになります!

管理人
揺れすぎると犬や猫が酔って、キャリーの中で災害が起きますのでベルトは必須ですね!

【犬・猫】災害時用のキャリー!避難用ケージとしてもオススメ『GRAMP』

犬や猫の災害時を想定されて設計された『リオニマル リュック型ペットキャリー GRAMP

普段のお出かけから災害時の避難用ケージなど、色々な場面で使えるのでオススメです!

公式サイトでは今回ご紹介した機能以外にも、色々な情報が公開されています。

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

災害時は人間もペットも体力&精神的に辛くなります。

少しでも居心地の良い空間で過ごさせてあげたいですね!

-愛犬へおすすめ
-